最近のmoroheiya

Raft

アーリーアクセスを卒業したイカダゲーム、Raftをフレンドと遊んでました。
サバイバルゲームブームだった時に彗星のようにあらわれスクラップメカニックの開発に買われたイカダ君はぶっちゃけ卒業できないと思ってたよ、絶対エタると思ってた。
そんなわけで遊んでたんですがいい感じのサバイバルゲームでした、まず水と食料の調達は序盤を超えるころには安定しこの先困ることがありません。もちろんサバイバルゲームなのにライフラインの完成が早いのは賛否両論なんですがマイクラ系のクラフトに重点を置いたサバイバルゲームだと生存の難易度が高すぎるとまともにクラフトできないって問題があるので早めに生存方法が確立するのは悪いことではないと思うのよね。
そんなわけでライフラインが完成して楽しく漂流生活をしてたのだけどやっぱり問題もあって、流れて物拾ったり島に上陸したりするのは楽しいのだけどストーリーラインのダンジョン的なやつがマジでつまらない。生存者のメモを拾ってパズルしてギミックを動かしてってのは最初は楽しいけどさすがにそれしかないのは困る。3個目ぐらいのダンジョンまでは初プレイでテンションが高いから楽しいけどそれ以降は攻略見てさっさとイカダに帰りたい衝動にかられる、ダンジョン攻略に必要な物があったりしたらダンジョン見てイカダに戻ってあーだこーだできたからまだ楽しかったんだろうけどね。
面白いけどα版の流されながら物拾って家を大きくする以上の楽しみは提供されなかったかなって感じ。
ラスボス戦は手ごわさよりストレスが強敵だったしね。

fallout76

夏のアップデートが来た76ですが新パブリックイベントの定時開催が終わってからいつもの76に戻ってます、新機能の死体ハイライトは便利だし爆発系ツーショットや自販機のサムネなど仕様だと思ってたり修正を諦めてたと思ってたものが修正されていくのは驚きましたね。おう、次は爆発エネルギーを修正してebay武器に終焉をもたらすんだよ。

Duke Nukem Forever

令和にForeverしてるやつがいるらしい。
評判がとっても悪かったPS3時代のゲームDuke Nukem Foreverを最近買ってクリアまでやりました。
シリアスサムの4がでたんだしライバルのDuke Nukemの最新作もやらんとなってことで遊んでたけど評判の悪い理由に納得ができました、当時の流行であるQTEがたっぷりあるしスタートから30分たってもまともな戦闘が始まらないのはシューターとしてガッカリですよね、わかるよ。やっぱサムおじさんやDOOMスレイヤー、ローワン君は凄いよな、最初から戦闘たっぷりだもん。
でも今は令和です、PS5の時代なので逆にDuke Nukem Foreverすげーってなるとこも多いです。
自由度が重要視されなんでも触れる、なんでもできることが評価される今の時代は開発費の9割をインタラクト要素に費やしたと皮肉を言われていたデュークニューケム君のインタラクト芸が光ります。
「すげぇ!ウォーターサーバーに触れる!」「アーケードゲーム機で遊んでいいのか!?」「コンドームを自販機で買ってもいいのか?!」とたいていの物をインタラクトできるのはとても感動します。僕赤ちゃんだからなんでも触りたくなるのよね。
そんなわけでやってると楽しいインタラクトの時間とクッソつまらない戦闘を交互にやることになるのですがやってるときふと思いました。
「あ、これクソシミュレーターブームの時にデュークニューケムシミュレーターとして出てたら評価違ったな」って
そんなわけで令和にForeverするのおすすめです。

今回は書かない最近やったこと

ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界

Grand Theft Auto V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です